思春期・青年期を中心に診療している心療内科・精神科クリニックです。成人の、不眠症、うつ病、ストレス関連疾患などの治療も行っています。完全予約制・全館禁煙です。受診をご希望の方はまずご連絡ください。

休診や診療時間の変更について

・通常の休診日は、日曜、月曜です。
・診療時間は、9時30分から17時までです。

マイナンバーカードの利用について

マイナンバーカードを健康保険証として利用できるようになりました。
マイナンバーカードを健康保険証として利用するには、事前に申込が必要です。利用の申込は、マイナポータルなどでできます。
マイナンバーカードを利用することで、受診歴、薬剤情報、特定健診情報など必要な診療情報を取得して活用できるようになりました。

詳しくはこちらをご覧下さい。

初診の予約状況

初診は完全予約制です。
現在は、思春期の方のみ新患受付をしています。
診察をご希望の方は、予約をお願いいたします。
TEL:0956-56-7001
受診に関するお問い合わせは、予約担当が承ります。
*初診予約の受付時間は、10:30-17:00(火-土)です。

かのん[奏音]での相談(カウンセリング)について

現在、新患ご希望の方が多く、受診希望のご連絡をいただいてから初診の日時を決めるまでに、時間を要しています。当院の関連機関であるかのん[奏音]の精神保健相談枠には余裕がありますので、まず、かのん[奏音]で状況をお聞きして、その後必要であれば、当クリニックを受診することも可能です。かのん[奏音]での相談も当院の精神科医が担当し、相談時間はクリニックを受診する場合とほぼ同じです。ご負担を増やさないように、料金も受診時と同程度に設定しています。
かのん[奏音]は医療機関ではありませんので、処方箋を発行したり診断書を作成することはできません。それを踏まえたうえで、早く相談したい場合、診療が必要かどうか迷っている場合、受診前に医師の話を聞いてみたい場合は、こちらの方法をご検討ください。当クリニックにお電話いただければ、詳しくご説明いたします。

*かのん[奏音]は、医療機関ではありませんので、保険請求はしていません。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応

新型コロナウイルス感染症を抑制するには、私たちの一人一人の取り組みが重要です。 当院も、できる限りのことを実施したいと思います。
この感染症に対しては、①換気の悪い空間を避けること、②密集場所を避けること、③間近での会話や発声を避けること、が提唱されています。残念ながら、医療機関はこれらのリスクを抱える場所です。すでにいくつかの医療機関で、集団感染が発生しました。
私たちは次のようなことを行っています。

①待合室と診察室の窓を、常時開放します。
②受付に透明のアクリル板を設置します。
③待合室の椅子の間隔を広げます。
④待合室の混雑を避けるため、新患の受入を減らし、時間あたりの予約数を減らします。待ち時間が長くならないようにし、状況によっては、隣接する院内の学習室(つむぐ)を予備の待合室として使用します。
⑤診察室の椅子の間隔を広げます。診察室に透明のアクリル板を設置します。診察中はマスクをし、診察の前後で手指をアルコール消毒します。
⑥来院された方の体温を測定させていただきます。

スタッフは、それぞれ体調管理や感染防止に努めています。少しでも感染のリスクを減らすため、スタッフの勤務シフトを変更します。そして、かのん[奏音]の活動を縮小します。これまでの診療からは大きく変化してしまいますが、流行の収束や周りの人々を感染から守ることを優先します。皆さまも、ご理解の上ご協力をお願いします。

待合室や診察室では、マスクの着用をお願いします。また、診察終了後や院内の雑誌等を見られた後には、手洗いや手指の消毒を忘れないで下さい。

【お願い】
①診察室に入る時は、マスクをつけたままにして下さい。
②診察終了後は、手洗いや手指の消毒をして下さい。
③緊急事態に備えて、薬の予備を1-2週間分確保しておきましょう。

「つむぐ」についてのお知らせ

「つむぐ」は、院内のスペースです。
部屋には、子どもたちやご家族向けの本を用意しています。
利用できる時間は、10時30分から17時までです。
細かい点につきましては、院内の掲示物をご覧下さい。

かのん[奏音]についてのお知らせ

「かのん」は、院外のスペースです。
学生の方が、無料で本を読んだり学習したりできる場所です。
場所は、松屋ビル(島地町1-12)の4階です。
オープン時間は、13時から19時までで、日・祝日は休みです。
詳しくは、こちらのウェブサイトをご覧下さい。
時間の変更などは、Twitterをご覧下さい。

【お知らせ】
COVID-19の対策として、定員を8名までにしています。


かのん[奏音]の活動費が不足しています。
かのん[奏音]の活動に賛同していただける方は、下記のサイトからご支援をお願いたします。
クラウドファンディング
「私たちと一緒に作りましょう。子どもたちが自由に利用できるスペース。」

ご予約に関するお願い

最近、思春期の患者さんが増え、成人の方のご予約の調整が難しい状況です。
現在は、思春期の方のみ新患受付をしています。
受診をご希望の方は、まずお電話でお問い合わせ下さい。

名前とシンボルマークについて

クリニック名の「かなで」は、「奏でる」に由来します。「それぞれが音を奏で、そこに音楽が生まれるように」という願いを込めたものです。
シンボルマークには、スノードロップをデザインしました。厳しい寒さに耐え雪の中に可憐な花を咲かせることから、「希望」の象徴とされています。
この名前とシンボルマークに近づけるように、日々を重ねていきたいと思います。